読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閉塞感をぶち破れ!

大学4年、就活してない、フル単必至。

外ごもり

「外ごもり」って言葉知ってますか?


「引きこもり」は家から出ないこと、外こもり」は海外で暮らすこと。


らしいです。


要は社会に失望した人でインドア派の人は「家(国内)」に引きこもるけど、アウトドア派の人は「海外」に出るって事ですね。


僕は「引きこもり」はもう嫌だ。


完全な引きこもりでは無かったけれど、大学の3年間は半引きこもり状態だった。


自分に失望し、社会に失望し、日本に失望して、生きる気力が大幅に減少してしまった。


僕は日本が好きになれない。むしろ、嫌いだ。大嫌いだ。


だが、この国は変わらない気がする。


今考えられる「希望のルート(未来)」は移民受け入れ、超ロボット社会。


この二つのみだと思っている。


だが、日本で移民受け入れが進むとも思えないし、同族民族だらけのこの国で上手くまとまるとは考えにくい。


「ロボット大国」になるのが、唯一の希望ではないだろうか。


他にも生活保護などを廃止して、「ベーシックインカム」を導入するという策もあるが、保守的なこの国にそんな思い切った事は出来ないだろうし、年寄りは理解すら出来ないだろう。


とにかく、「超ロボット社会」が到来しない限りはこの国に未来はない。


少なからず期待してしまっている自分はいるが、


今のままの日本なら、僕はきっと幸せになれない。


身体を壊してしまいそうで怖い。


この世で一番大事なものは、「自分の身体」であるはずだ。


全ての人間にとって。


日本は「ヒト」を大切にしな過ぎる。


これから僕は就職かスクールか分からないが、「プログラミング」を学ぶつもりである。


しかし、日本の「IT業界」の惨状は酷い。


なので、プログラミングを使う仕事をしつつ、異文化交流(ただの英語座学ではダメ)をしながら、海外で働けるチャンスも伺いながら生きていかなければならないかなと思う。


母親には寂しい思いをさせ、申し訳ないし、僕も寂しいが、日本で幸せになれないなら、諦めるんじゃなくて、「外」に幸せを求めたい。


それがホントの「グローバル社会」なんじゃないかな。


日本は「グローバル」という言葉だけが一人歩きして、寧ろ「鎖国状態」になっている気がしてならない。


今の日本は控えめに言っても「クソ」だと言わざるを得ない。